GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

*

更新日 : 平成18年10月5日(木)

大学周辺情報

「とり喜」 …その歴史に幕を閉じる

とり喜ついに閉店

いつからだったろうか。「とり喜」の入口に、「都合によりしばらく休むので回覧板は隣に」というメモが貼られたのは………。

それからどれだけの日々が過ぎ去っただろう。毎日通勤で前を通る筆者の目にふと飛び込んできた「閉店します」の張り紙。

うううう。どうしてだろう。なぜだろう。これからもっともっと「とり喜」のおいしい焼鳥で、素晴らしい仲間たちと旨い酒を酌み交わしたかった。

んでもって皆様からのお別れの手紙を募集します。この張り紙が出て多分1〜2か月は経っていると思います。皆様からいただいた「お別れの手紙」は、漏れなくこのページでご紹介させていただきます。


現在、13代・閏さん、16代・米内さん、大竹さんから惜別の手紙をいただいています。みなさまの心温まるメッセージをお願いいたします。


平成18年9月19日 by 16th YONAI


お世話になりました。初めて暖簾をくぐって以来30年近く、長きにわたりお世話になったお店の閉店の話を耳にし、寂しい思いでいっぱいです。

これでまた私の駒澤の文化が消えてしまいました。思い起こせば、1年の頃、ほろ酔い気分で お店に飛び込めば、4年生と3年生の先輩が小上がりでなにやら難しい表情で二人酒・・・。「こんにちわ!・・・失礼します!」と店を飛び出したものです。

また5年間の学生生活の最後の日、一人カウンターでホッピーを飲んでいたのですが、店も割れんばかりの喧嘩に巻き込まれ、そのまま世田谷警察へ・・・。

次の日は社会人初日の入社式で、お袋がスーツをもって世田谷署まで来てくれ、顔を腫らしパトカーで入社式まで送ってもらいました。

その後も折ある毎に訪れておりました。大勢での宴会もあり、二人酒、一人酒と、それぞれその時を一緒に過ごした顔が浮かび、口数の少ないおじさん、女将さんが面倒をみてくれました。

演歌がながれ、あの焼き鳥の風味と、ホッピーのほろ苦さが忘れられません。おじさん、女将さんの具合を心配しつつも、再開を心待ちにしておりましたが、このままでは寂しいですね。

(16代・米内)


平成18年9月23日 by 16th OTAKE


駒沢にいけば、まだ学生時代を思い出せると・・・・・

そのためには馴染みの店が必要ですね。“とり喜”もその一つでした。

いつ来るかわからないお客を待っていられるほど、お店の経営はあまくないということですね。

実名で申し上げて恐縮ですが、現役当時、泣く子も黙る統制の閏先輩とバンマスの房野先輩が2人で飲んでいらっしゃった姿が・・・・!

とり喜=先輩=“?”と、その後行く時は、おそるおそるお店に入るようになりました。

去年の暮れがあそこで飲んだが最後でした。

やめる前にお店から連絡など無いですよね。考えてみれば・・・・

(16代・大竹)


平成18年10月2日 by 13th URUU


確か、この店は私たちの代の頃にオープンした・・・? かどうか定かではないのですが。

同期の、田代君や金森君達とお銚子を何十本(・・・大げさか? 15本以上 は・・・)も並べたものです。もちろんホッピーも大好きですが。 意外に、ポテトサラダも美味いんです。ほっとしたものです。

なんとかチェーンの焼き鳥もそれなりに行っていましたが、やっぱりこの店に行くと落ち着きますね。特にフーテナニーの復活には不可欠な舞台だったのではないでしょうか。

「あーーーあったよ」、最初の一声が全てでした。何度も何度もそれまでの時間を埋めるように行ったのに、えっ!あの日見た休業の札がこうなるなんて・・・・。

大竹さん、あの日房野さんと話していたのは、下の代の幹事長の黒田や大竹が生意気ーーーー!!! なんて話ではありません。

多分、ベース&ドラム班の宴会の相談でしょう、でなければ上の12代のベースのO石さんが、房野君と同期のF成さんに言い寄ってきていて困る・・・なんて話題ですかね。

一緒に飲めばよかったね。この悲しみを埋めるには、川畑&米内さんの「焼き鳥おやじプロジェクト」しかないですね・・・。

13代 酒と焼き鳥をこよなく愛するベース担当です!

(13代・閏)