GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

* *

更新日 : 平成22年1月27日(水)

2010千葉マリンマラソン参戦記

全員無事(?)完走 in 千葉

駒澤GCS走っちゃおう会
平成22年1月24日(日)

母校・駒大の箱根駅伝は復路優勝・総合2位と言う、まずまずの結果に終わりました。しかし復路優勝って地味ですね〜。

さて、音楽サークルの中のスポーツ系同好会「GCS走っちゃおう会」の新春恒例「千葉マリンマラソン」への参加が、今年も盛大に行われました。

8:00 海浜幕張駅

幕張メッセへの客とマラソンへの参加者でごった返す海浜幕張駅に集合したランナーは、一路会場である千葉ロッテスタジアムへと向かいます。

今年のランナーは、ハーフ組が5代吉成さん、9代戸塚さん、10Km組が10代武道さん、12代比嘉会長、5Km組が8代小林さんの計5名。

このマラソン大会、数年前には雪で中止になったりするほど天気に恵まれていなくて、良くても薄曇り程度でしたが、今年は東京湾越しに富士山がくっきりと見えるほどの快晴に恵まれました。

*

▲イベントが重なりごった返す駅前

*

▲富士山♪

*

▲ゼッケンは自分で

9:30 5Km スタート

昨年3月、東京マラソンを見事に完走した小林さんは、今年10Kmにエントリーしようとして定員の壁に阻まれ、5Kmへのエントリーとなりました。

フルマラソンを走る実力があれば5Kmは楽勝でしょ、と思うなかれ。
走りこみ2回のみの準備で挑んだ5Kmは、生涯で2番目の体重を記録した体にはこたえたようです。

ちなみに昨年5Kmにエントリーした筆者は、今年はひっそりと撮影係を務めたのでした。

それでも5Kmはスタートからゴールまで30分前後のスピードレースです。スタートを見送ったらホッとする間もなく、ゴール地点でお迎えの準備をしなければなりません。

無事にゴールした小林さんは、休む間もなく近くのサッカー場にすっ飛んで行きました。

*

▲小林さん無事帰還

*

▲マラソンと言うよりサッカーに近いようなスタイル

*

▲のこさんの娘婿さんとお孫さんの親子(親子の2Kmコースを走りました)

10:00〜 10Km・ハーフ 続けてスタート

実は、5Kmのゴールと10Kmのスタートは時間が重なるんですね。
できれば両方撮影をしたい筆者は5Km小林さんのゴール手前を撮影した後、10Kmスタート地点へ走ったのでした。
不摂生な生活を送っている体にはこれがなかなか辛いんですね。

ハアハア言っていたら、目の前を比嘉会長が大騒ぎしながら走り抜けました。
あまりの唐突さに驚き、撮影は失敗。
ただ見送るだけとなってしまいましたとさ(^_^;)

10Km組は約1時間かけて戻って来ますから、見送ってからはしばらく間が空くかと思いきや、15分後にはメインのハーフマラソンがスタートします。

でもハーフは人数が多いのと、ちょっと離れた所からの撮影になるので、あきらめて小休止することにしました。

*

▲北側スタンド(寒いのになぜ北側?ゴールが近いんです)

*

▲今年も岩手から来ました。

*

▲おなじみ、邦子さん(すでに花粉が…スギではありませんが)

しばしの休息後、10Kmのお迎えです。

撮影アングルを変えて、歩道橋の上から撮影してみました。
ところがこれがなかなか顔の見分けがつきづらいんですね。
どうやら武道さんは見落としてしまったようです。スミマセン。

なんとか比嘉会長をとらえることは出来ましたが、この後会長にアクシデントが・・・
なんと、業者の撮影するカメラに愛想を振りまいた後急激に進路を変えたためにバランスを崩し、スッテンコロリン。

膝をすりむいた会長ですが、何とかゴールして救護所へ。
かなりの深手だったようですが、走った後の高揚感と緊張感でアドレナリン出まくりの会長は、この時点では全く痛みを感じなかったそうです。

でっかいバンドエイドを貼って戻ってきた比嘉会長、スタジアムに戻ってきたころにだんだん痛みを感じ始めたそうです。

後で気づいたのですが、比嘉会長をとらえたと思っていたカメラは、赤の他人を撮影していました。良く見ると着るものが違っていたのですが、まったく気づいていませんでした(^_^;)

武道さんはと言えば、坐骨神経痛の痛みも出ず、今年は楽勝のゴールでした。

*

▲10Km組準備中。筆者も少し走りました(ダウン着て走ってるのは、もちろん私だけでした)

*

▲たぶん武道さん

*

▲比嘉会長(こけた後かな?)

この後はハーフ組2人を待ちます。

それぞれ目標タイムを持ち、スタートして行きましたが、その目標通りにゴールするあたり、さすがベテランと言わざるを得ません。

スピードランナーの戸塚さんは、1時間44分のタイムでゴール。
「走る他に楽しみ無いからね」と言いながら、たくさんの大会に出場している実力をいかんなく発揮しました。

一方の吉成さんは、「マイペースの2時間10分で行くよ」の言葉通りゴール。
予定通りの走りに大満足でした。

*

▲大満足のゴール

*

▲戸塚さん無事帰還(左は10Kmコースのラストランナー)

*

▲10Km組のふたり

*

▲走らないと超寒いです

*

▲吉成さんご夫妻

*

▲今年はスタンドまで応援に来た雅夫さん

ショート動画

*

▲富士山がクッキリすっきり(左からUFOが…)

*

▲疲れた〜

*

▲比嘉会長と思って間違えて撮影した別人

*

▲寒くないの〜?(いつも氷点下で走ってますから)

*

▲戸塚さんの雄姿

*

▲吉成さんの雄姿

実はこちらがメーンイベント 「打ち上げ&新年会」

「飲むために走る」と言いきれるほど、この二つは切っても切り離せない関係にあります。

昨年と同じく、武道さんの紹介で「さつま鶏丸」を開店前に開けてもらい、我々だけの貸し切り新年会です。

新年会への直行組数名と合流し、総勢12名での宴会が盛大にスタート。

今年も昨年同様、鶏料理のオンパレード。

*

▲全員揃って、まずはカンパ〜イ

*

▲小林さんはサッカー観戦を終えて再び合流

*

▲左のお二人は新年会へ直行(寒いですから…)

*

▲スタート直後なので、まだビールを飲んでいます

*

▲佐藤会長は仕事明けで駆けつけました(明日は休みだから飲むよ〜)

*

▲まだアドレナリン効果でそれほど痛みの出ていない比嘉会長

この頃になり、アドレナリンが完全に切れた比嘉会長は、あっちこっち痛めていることに気づき、顔をしかめながらの泣き笑い状態で酒を重ねます。
昨年は飲み屋でのスッテンコロリンで笑いをとった比嘉会長、今年も体を張って笑いを誘います。

仕事明けで駆けつけた佐藤OB会会長も、勤務変更をして翌日休みを入れるほど気合いを入れて挑みます。

4代島村さん(のんちゃん)は1時間も早く会場に着き、今や遅しと待ちかまえています(時間を間違えたという噂も…)

そんな悲喜こもごもの事情を含みながら、13:15キックオフ。

*

▲イテテテテ(笑うとアバラが・・・)

*

▲その肉、もらってもいい?

*

▲アバラが痛いので、左手は広げられません

*

▲この中で走ったのは左端の戸塚さんだけ

*

▲このメンバーは走ってません

*

▲宴たけなわですが、もうすぐ中締め

「走っちゃおう会」の今後の予定は、2月28日(日)、東京マラソンに参加の4代関谷さんと17代植木さんを追っかけながら新橋の「餃子の王将」でビール&完走後に浜松町の17代舘くんの店でワイン。
5月4日には皇居周回の走っちゃおう&歩っちゃおう大会の後、有楽町でビール。

その他、駒沢公園で駅伝をやってから甲州屋でビールを買い、ニューポートでカンパイ、なんて話もちらほら。

走るとなるとちょっと抵抗があり、心臓が心配なんて人も、皇居1周の5キロを歩くなら、それほど無理なく参加できると思います。

かく言う筆者も、皇居の外周を歩くつもりで参加して、陽気に誘われてつい走ってしまった経験がありますが、そのくらいに気持ち良い季節&ロケーションです。

会長からも告知がされると思いますので、ふるって参加してください。



*
    比嘉会長
▲会長の12代・比嘉でっす!