GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

* *

更新日 : 平成20年2月22日(金)

今年も東京マラソン

【2008/2/17】 東京マラソン2008参戦レポート

昨年は大雨の中で開催された東京マラソン。

今年は快晴に恵まれ、最高のマラソン日和です。

千葉と違い東京は抽選のため、「GCS走っちゃおう会」からの参加は8代小林さん(10Km)だけとなりました。

小林さん曰く"応援はいらないんだけどなぁ"

しかし小林さんの寂しがりな性格を見抜いている比嘉会長は、応援団を結成してスタート地点の新宿へ。

▲快晴の空に都庁が映えます(スタートはこの都庁前)

▲とりあえず1枚(晴れていますが寒いです)

▲おニューの靴にレインボーの紐(チップも忘れずに付けます)

9時10分!スタート!!

応援部隊は前年と同じ場所で写真を撮ろうと地下道を駆使して移動。しかし、前年と違い今年は快晴に恵まれた分観客数も数倍に膨れ上がって、なかなか前が見えません。(沿道の総観客数:166万人!)

車いすランナー・トップアスリートと早い順に目の前を通り過ぎ、ブロックごとに一般参加者が通過します。

しかし5分、10分、15分と過ぎても小林さんは現れません。

小林さんが現れたのはスタートから20分が過ぎた頃です。

やはり3万人強の参加ですからスケールがでかいです。

無事小林さんを見送り、応援団はゴール地点へ移動です。

地下鉄丸ノ内線に乗って日比谷公園へ。

▲ここから先は参加者のみです

▲スタート地点です(小林さん撮影)

▲ランナー目線(これも小林さん撮影)

▲先導車軍団スタート

▲やっと見つけました

▲緊張してますね〜(あと9.8Kmぐらいかな?)

日比谷公園は今年も大賑わいです。

スタートから1時間近く経とうという頃、小林さんゴール!

第一声は「あっという間だな〜」。

物足りなかったのでしょうか、もっと走りたそうなコメントです。

東京マラソンは10Kmとフルマラソンの2コースしかないので、もっと走るとなると42.195Kmになりますが、来年はもしかして・・・?

それでも完走がうれしかったのか、ランナーズハイになったのか、いつにも増して能弁になっていたのでした。

▲ゴール直後(でも早いです。)

▲物足りないな〜(千葉に比べて余裕があります)

▲無事ゴール出来て緊張から解放

フルマラソンの参加者は今年は身内にいなかったので、応援もここで終わり、応援団もホッと一息です。

着替えが終わったらお待ちかねの反省会です。

日比谷公園から銀座までブラブラと移動することにします。

途中、片側4車線の道路が交通規制のためガラガラの歩行者天国状態。ちょっとパフォーマンスです。

銀座まで歩くこと20分、昼間から飲めるところと言ったら、やはり銀座ライオンです。

開店まで5分ほど待つ間あれが食べたい、これがうまそうだとメニューを見ながら大騒ぎをしていたら、前に並んでいた年配の女性が「ここは、おビールがおいしいのよ」。オバサマすみません。

みんな早起きで朝食もろくに食べてなかったんですね〜

▲ダウンの重ね着は初めてだな〜by佐々木(小林さんのダウンを運搬しました)

▲右から二人目はミセス小林のチャコさんです

▲ストリートパフォーマンス(みんなノリが良いです)

ライオンではいつも通りの大騒ぎが繰り広げられたのは言うまでもありません。

このために走り、このために早起きして応援してきたようなもんですから。

本末転倒と言われようが、この基本ラインはブレません。

▲うまいんだな、これが!

▲・・・

▲今回は脇役だった比嘉さん(会長と会長ですね)



*
    比嘉会長
▲会長の12代・比嘉でっす!