GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

* *

更新日 : 平成28年12月26日(月)

Sadistics還暦記念ライブ

2016年12月17日(水)中目黒トライ


結成8年目を迎えた"Sadistics"のメンバー7人のうち、5人が3月までに還暦を迎えることになりました。

それを記念して、3回目になる単独ライブを開催し、おかげさまで50名を超える皆様にご来場いただきました。

出来の如何はさておき、無事にそのステージを終えることが出来ましたので、ここに報告方々その模様をお伝えいたします。


*

▲ステージを終えてホッとした表情のメンバー(赤を着ているのが還暦組)


第一部

コンスタントに月1回の練習+飲み会をこなしてきたおかげで、レパートリーと尿酸値だけは他に引けを取らないSadistics。

10月のステージ用練習と並行しての練習は果たして身を結んだのか。
そして、お客さんは喜んでくれるのか。

緊張の第一部は幕を開けたのです。


  • セットリスト
    • 歩いて帰ろう
    • Diamonds
    • Take It Easy
    • Country Roads
    • Blue Moon
    • タイムマシンにお願い

*

▲非還暦の2人は黒です。(道連れで赤にしようとしたのですが、猛烈な抵抗にあいました)

*

▲カントリー・ロード

*

▲ア・カペラの曲=ブルー・ムーンですね。(いつも裏方兼荷物持ちの♂3人を真ん中にしてみました)

*

▲外は寒いのですが、ステージ上は汗ばむほどの暑さ。(半袖シャツでちょうど良いです)

*

▲Take It Easy

*

▲手前はOB・OG会よりプレゼントの還暦Tシャツの石畑さん。


第二部

30分強の第一部を終え「元気があったら第二部やります」のMCのコメント通り、インタバルで少々アルコールを摂取して元気が戻って来たので、第二部のステージに登壇(少々酒気帯び)。

間も無くクリスマスと言う事もあり、クリスマスソングで第二部が始まります。


  • セットリスト
    • Happy Christmas
    • 恋人がサンタクロース
    • ルージュの伝言
    • Peace of Mind
    • 負けないで

*

▲赤と黒の世界

*

▲黒いTシャツは、SingoutFestaで作ったユニフォームです。(フェスタは2006年=10年前)

*

▲真剣白羽取り(負けないで)

*

▲真剣な表情とファニーは恰好がアンバランスな崎田さん。(鼻が邪魔してハイポジションのフレットが見えません)

*

▲100円ショップのサンタさん(ちゃんと立たなくて、両面テープで固定しています)

*

▲ルージュの伝言


アンコール

ありがたいことに、第二部のラストソング終了と同時に、袖に引っ込む間もなくアンコールの声をいただきました。

一度袖に引っ込む事も考えましたが、もったいぶるほどの腕もなく、引っ込んだらみんな帰っちゃいそうなので、すぐに始めることに。

アンコールは例によって例のごとく・・・


  • セットリスト
    • Cotton Fields
    • 夜明けの歌

*

▲夏に単独ライブ開催を行った、J-Boys&J-Girlsのメンバーは、全員で駆けつけてくださいました。(木村さん、良い表情ですね)

*

▲この表情はコットンかな?

*

▲この表情は夜明けですね。

*

▲クシャミの大きさから、只者ではないと思われていた木村さん。(会社の方・談)

*

▲夜明けの二人ソロ(左は崎田氏の奥様で同期のみどりさん)

*

▲100円サンタも少々疲れ気味

ギャラリー

外は真冬に突入の寒い日でしたが、総勢59名(メンバー含む)の来場者で会場は熱気が溢れておりました。

久々にお会いした先輩方、見慣れた後輩、見飽きた同期、ご家族、そして崎田さんの会社関係の皆々様からの温かいお言葉に励まされ、30分×2ステージの予定が、終わってみれば全編で90分ほどの長尺に。

そんな体力がまだ残っていたのかと思うと、還暦にはなりましたが、まだまだ枯れてないなと思うのでありました。


*

▲ここは楽屋です。(ステージ以上の広さがあり、余裕たっぷりです)

*

▲今回のセッティングは60名ですが、着席80名までなら可能とのこと。(恋人がサンタクロースの演奏中)

*

▲これから伝統曲(単独ライブの定番になりそう、とは増渕氏・談)

*

▲崎田ファミリー3連発その1

*

▲崎田ファミリー3連発その2

*

▲崎田ファミリー3連発その3

ちょっと斜めなメンバー紹介

結成して8年が経つこのバンドの特徴は、過去の曲をその後も大事に練習し続けること。
蓄積された過去曲も8年間で30曲を超えました。

そんなバンドの個性あふれるメンバーを紹介します。



<最年長・佐々木さん>

アコースティック歴46年、エレキギター歴1年、飲み会目当てで練習に励むバンマス。

10年前に本業を退職し、その後いくつかの職を経て、現在は某ドラッグストアのシステム関連業務に携わっています。

*

▲ブルー・ムーンのソロは歌詞を覚えるのに一苦労しました。

*

▲マイクを離れているのは口パクもしくは歌詞に自信が無いからです。

*

▲この顔は多分カントリー・ロードの頭の部分

*

▲愛用のレスポール(エピフォン^^;)(息子のギター)

<2番目・石畑さん>

石畑さんは、このバンドが始まってからキーボードを始めました。

最近退職し、悠々自適に遊びまくる予定でしたが、どうやら次の仕事が舞い込み、まだまだ引退出来ないようです。

*

▲メンバーの中で2番目のお姉様です。

*

▲うまい具合に照明がかぶってかっこ良いです。(カメラマンの狙い通りかな?)

*

▲還暦Tシャツってこんな感じです。

*

▲キーボードは稲本さんの愛機

<ほとんど還暦・忍さん>

突然のポットン便所ネタで会場を唖然とさせた小林さん。
あそこはMCをやる場面では無かったのですが、しゃべり始めると止まらなくなります。

佐々木さんとはライバル関係になるドラッグストアで働き、親の介護と仕事の合間にこのバンドの練習に駆けつけてくれます。

*

▲英語より日本語の方が得意で・・・

*

▲特に歌謡曲はほとんど歌えます。

*

▲帽子がドン・ガバチョ

*

▲とにかく天然で・・・

<今回の企画立案者・崎田さん>

会場のお客様の半分ほどは崎田さんのパワーで集まりました。

会社ではかなりの役職のはずですが、その人柄から多くの方に慕われているようです。
トナカイの鼻が職場で話題になったのは、間違いない。

*

▲歌は1曲、ブルー・ムーンだけ。

*

▲Peace of Mindの最大の見せ場・・・かな?

*

▲これはDIAMONDの一場面

*

▲PTAじゃなくてPPMでもなくて…(PRSです!)

<名調子、MCの増田さん>

「歌よりMCの方が緊張するんですよ」と、落ち着いた声で語る増田さん。
いやいや、当意即妙な受け答えは緊張なんて感じさせませんよ。

なかなかスポットを浴びる機会の少ないポジションですが、今回は露出多めでした。

*

▲ブルー・ムーン

*

▲重いドラムが叩けるようになってきました

*

▲これは冒頭のMCシーン(この後はドラムに座りながらのMCでした)

*

▲Take It Easy

<還暦未満・高倉さん>

「まだ還暦じゃないわよ!」組の高倉さん、全員赤にしようぜの声に、ささやかな抵抗を見せました。

LINEのスタンプは「トリ」キャラが多めですが、それは現在の姓にちなんだものか、はたまた現役時代のニックネームにちなんだものか。

*

▲ブルー・ムーン

*

▲ステージ上は半袖でも寒くなく、むしろ汗ばむくらい(LED照明でも結構暑いです)

*

▲これは唯一楽器を持ったHappyChristmas

*

▲この照明かぶせは、やっぱりカメラマンの狙いですね(かっこ良い)

<爆裂キャラ・稲本さん>

「まだ還暦じゃないわよ!」組2号の稲本さん、全員赤にしようぜの声に、「赤はイヤ!」と猛烈な抵抗を見せました。

7人バンドの末っ娘で、ロック魂の燃え盛る元気印です。

*

▲これもブルー・ムーン

*

▲ベース弾き歌いのPeace of Mind

*

▲これは2部クリスマス・コーナーのMC中?(ベースを弾いてないから)

*

▲愛機はスペクター社製のベース


エピローグ

夏に単独ライブを開催した"J-Boys & J-Girls"のバンマス・増渕君が言ってました。

「単独ライブは大変だけど、バンドをやっている以上、一つの大きな目標」

まさにその通りで、それを実行できた事に喜びを感じるとともに、師走の忙しい時期に、わざわざ時間を割いてくださった皆様に感謝します。

ありがとうございました。