GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

*

更新日 : 平成26年6月13日(金)

爽やか皐月のコンサート2014

会計報告

2014年6月吉日
4期:西村建蔵 田中眞由美
5期:中川充四郎 伊郷敬基

バンドコンサートに参加されたみなさん、いろいろご協力ありがとうございました。
今回は初めての「夜の部」開催で戸惑いもありましたが、無事に終えることができました。
今後は、幹事会で快適に過ごせる形を模索していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。


それでは、今回の会計報告をさせていただきます。


「新宿ミノトール2」

○収入(会費) : 324,000円
  • バンド参加者 46名X6,000円  276,000円
  • ギャラリー     12名X4,000円    48,000円

○支出 : 324,613円
  • 会場(ミノトール2)支払い      308,600円
  • 打ち合わせ                          10,892円
  • プログラム印刷経費                4,596円
  • 予約金振込手数料                    525円

○差引 : △613円

○繰越金合計 : 104,728円
  • 今回繰越金                           △613円
  • 前回(まで)繰越金               105,341円

繰越金は毎度の案内になりますが、中川充四郎が耐火金庫にて大切に保管しております。




2014/5/31 ライブ風景 in 新宿minotaure2


Introduction

*

▲そう言えば全体の記念写真撮ってなかったってことで写したのがこの1枚(まだ乾杯前ですが、すでに酒気帯びの方も)


OB会本体とのスケジュールの兼ね合いで、今年は昨年より2カ月早い開催となったバンドコンサート。
その名も「爽やか皐月のコンサート2014」
なのに都心は30度を超える真夏日の暑さになりました。

おりしも国立競技場の最終日イベントで、空には航空自衛隊ブルーインパルスが飛び交う中、満を持して集まって来た12組のバンドメンバーとギャラリーの皆さんですが、今年はリハなしのいきなり本番で少々緊張気味に見えます。

時間を有効に使おうと、あいさつも乾杯も無しで、すぐに1組めの演奏が始まります。

*

▲写真準備中にパチリ(こう言う写真好きです)

The Zen

昨年9月に犬とケンカして(違ったかな)ギタリストの命とも言うべき左手薬指を骨折した17代砂川君

半年の厳しいリハビリを経て、ここまで弾けるようになりました

悲劇を武勇伝に変えてしまう彼のたくましさに乾杯

*

▲粉砕骨折からカムバックの砂川さん

*

▲稲本さん、ベースがでかいです

*

▲何がおかしいんですか?

*

▲カメラを向けても、なかなか顔をあげてくれません

*

▲胸の8の字が気になります

*

▲こちらも、何がおかしいんですか(ハモニカ忘れた^^;)

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

H&M

大型衣料品じゃなく、街のお弁当屋さんでもなく、メインお二人の頭文字から命名されたH&M
主役のお二人を引き立てるバイプレイヤーの演奏が光ります

3曲目、こぴっと頑張って、乾杯

*

▲今回も脇役の三方

*

▲バンド名はこのお二人の頭文字

*

▲バンコン主催者バンドです

*

▲木村さん、カフォンを持ち出しました

*

*

▲こぴっとやってます

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

ランナーズハイ

ステージ慣れしたバンドが増えて来た中、初ステージを踏んだのがこのグループ
まさに右も左もわからない状態で挑んだステージでした

それを見守る先輩たちの温かいまなざしに、乾杯

*

▲初エントリーのお二人

*

▲木村さんはお手伝いです(酔った勢いで引き受けたとか)

*

▲名古屋からのトンボ帰りなので、9:15までしかいられません(シンデレラより早いですな)

*

▲走っちゃおう会では弾丸娘と言われていますが、この場では借りて来たネコのよう

*

▲みなさん良くご存じの曲を披露

*

▲無事に演奏を終えると、この日一番の拍手(合宿の課題曲を思い出しました)

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

New Back Purple Rainbow

歌なし、MCなし、メドレーのみのスタイルは、今年も健在でした
今回、レフティのギタリストが2名参加していますが、その一人、16代伊藤くんは名古屋から毎月練習で遠征してきました

曲の合間に流れたあの名曲に、乾杯

*

▲手前はレフティー伊藤くん

*

▲笑顔とはかけ離れたような激しいキーボード

*

▲彼も今日名古屋まで帰ります

*

▲吉田さん、楽譜がでかいです

*

▲やっと顔をあげてくれました

*

▲後半に、ベト九のフレーズが

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Wind

数年前に一度ステージに現れ、その後、ふたたび地下に潜っていたのは、遠距離バンド(別名基地バンド)の宿命かもしれません
オリジナル曲を交えて、ハーモニーの美しさを改めて伝えてくれました

スティックをギターに持ち替えた知雄さんのハイトーンに、乾杯

*

▲バンコンは2回目の出演です

*

▲左・木更津駐屯地の小林さん、右・岩国基地の長井さん

*

▲右・三沢基地の佐々木さん、左・争いごととは無縁の知雄さん

*

▲MCが長いです

*

▲MCがとっても長いです^^;

*

▲知雄さんのギターと歌は、レアです

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

J-Boys & J-Girls

結成当初は浜田省吾を主にやっていたこのバンドも、メンバーの増加とともに曲のジャンルも広がりを見せています

増淵君のカウベルに乾杯

*

▲スタイルが固まりつつあります

*

▲前半ですでに3回出演の木村さん

*

▲この日仕事で、終わってから駆け付けました

*

▲カウベルを叩く手に力が入ります

*

▲けっこう緊張するタイプです(前回は手が震えてましたが…)

*

▲吉田さん、このバンドでは楽譜がありません(こちらの方が多少リラックスしてるかな)

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Woop Woop

結成2年目で、今は壁を乗り越え中とのこと

乗り越えた先にあるおいしい酒に、乾杯

*

▲このバンドはフィドロが特徴です

*

▲西村さんはここではギターと歌です

*

▲ここは全員楽器を弾くんですね

*

▲西村さんの目が優しいです

*

▲啓子さんです

*

▲さて次はどんな新曲でしょうか

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Hi-Set

今年はぐっとシンプルにまとめました

遅めの出番ですが、終わればおいしいお酒で乾杯

*

▲ぐっと人数を絞っての参加です

*

▲8代の「せいこ」さんです(5代と15代にもいます)

*

▲こちら遠島さんです

*

▲編成がシンプルですが、曲もシンプルです

*

▲毎回新曲です

*

▲MCも少なめで終わりました

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

サンデーブランチ

このところ外部ステージへの進出目覚ましいこのバンド

ご隠居・木村さんのパワーに乾杯

*

▲外のステージが増え、貫録がつきました

*

▲こっちの木村さんは2バンド目です(あっちの木村さんは3バンドで打ち止め)

*

▲吉成さんのおぜん立てでステージが増えています

*

▲2組の夫婦が織りなす絶妙のハーモニー

*

▲バックにこっそりとベースの今野さん

*

▲ステージ経験が豊かだと、安心して見られます

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Sadistic Higa Band

ピンクのステージ衣装が強烈です
過去の曲も大事にしているこのバンド、すでにレパートリーも20曲を超えたとか

復活した沖縄ソングに乾杯

*

▲去年のアロハから、ド派手なピンクの衣装にチェンジ

*

▲病人ぞろい、爆弾だらけのメンバーです

*

▲1曲目から突っ走った増田さん

*

▲お久しぶりの沖縄ソングもちょっぴり披露

*

▲今年は英語の歌は無しで、日本語とフランス語でした

*

▲ステージが狭いです

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Tom & Jerrys

新しいルールがきまりました
失敗したときの歌い直しは、イントロまでだったら頭から
歌が始まっていたら、その失敗したところから、です

リズムボックスって難しいです、に乾杯

*

▲バンコン最多出場、かな?

*

▲ベースとリズムボックス担当の松本さん

*

▲レフティ加藤さん

*

▲呟くようなMCの向後さん

*

▲とちってやり直しちゃいました(ちゃんと歌いたかったんですよ)

*

▲このバンドも毎回新曲ですね

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

駒澤クリスティー

総勢18名(欠席1名)でステージジャック
曲はシンプルで誰でもが口ずさめます

SingOutの原点に乾杯

*

▲このバンドがステージに出ると、客席がスカスカです

*

▲毎回少しずつメンバーが違うかな?(オールカマーなんですね)

*

*

*

*

▲みんな歌詞は見ないです(覚えたんですか?)

*

▲左・住吉さんです(別名・ハカセさん^^;)

*

*

*

*

*

このバンドの写真をもっと見る

------------------------------------

Ending

ロスから飛び入りの金子三四郎さんがまず渋く一節
そのあと、今年はプログラムに名前のなかった、あの看板バンド・駒ベンも今年は飛び入りです

まさに飛び入りの2組に、最後の乾杯

*

▲急きょの飛び入りで渋いのどを披露

*

▲本場ものの英語です

*

▲来日して日本行脚中

*

▲敏さんが途中からお手伝い

*

▲そしてついにエルビス春雄の出番(今回は何も準備してないんだよ・。・;)

*

▲なぜかベース抜きの駒ベンでした

このジャンルの写真をもっと見る

------------------------------------