GREEN COLLEGE SINGERS(シングアウト・SINGOUT)

*

更新日 : 平成25年6月10日(月)

Sadistics初のアウェーライブ

クルーズクルーズ新宿

結成から早5年、バンコンでもほぼレギュラーとなったSadisticsが、お呼ばれをして無謀にも部外者ばかりのステージに乗りこんでしまいました。

きっかけは崎田氏の関係で、式典の余興に出てくれないかとの誘いからでした。
平日の夜なので、メンバーが集まらないだろうと思いながら連絡を取ってみると、奇跡的にも五人囃子が全員OK(三人官女はNG)でしたので、断るべき理由が無くなってしまったのです。

この会社には、数年前のイベントで大変お世話になっていることもあり、それならと名実ともに重くなった腰を上げたのでした。

ちょうど7月に迫ったバンドコンサートの前哨戦として、ほぼ出来上がった曲のリハーサル気分で良いと思っていたのですが、歌い手が全員来ないことから、ボーカルのヘルプとして、バービィーちゃんに来てもらうことになりました。

飲食が進み、お酒がちょうど良い湯加減になった頃を見計らって、ステージスタート。

予定30分のステージを5分ほど過ぎたころに終了。

たった4曲で30分引っ張った崎田氏の話術には頭が下がりますが、それをじっと聞いていた観客の皆さんにはもっと頭が下がります。

しかし、MCではおとなしいギャラリーも、曲が始まるとエンジン全開で、まるでどこかのバンコンと同じような風景になってしまいます。

挙句の果てに、まさかのアンコール

一応まさかのために曲は用意していたのですが、ボーカルは崎田氏で、すさまじい抵抗をみせながらもイヤイヤ歌うはめになってしまいました。

身内の温かい拍手しか受けたことのなかったメンバーですが、今回初めてのアウェーで受けた拍手は、いつもと違った心地よさがありました。

その心地よさに酔いながら、帰路についたのでありました。

*

▲ボーカルヘルプのバービィーちゃんです。

*

▲ここはアカペラソロで、Amazing Grace

*

▲リードは崎田氏

*

▲こうやって見ると、いっぱしのバンドに見えるから不思議です(^_^;)

*

▲いつものギターが壊れ、急きょエレキに持ち替えた佐々木氏(ステージで弾くのは初めてです)

*

▲会場の盛り上がりに、つい笑顔がこぼれます

*

▲これはアンコール曲の「沖縄ソングメドレー」(三線無しでやりました)

*

▲訳あってギャラリーの顔出しは控えてますが、この後ろでは踊り狂っています

*

▲会場からはイーヤーサーサーの掛け声も(^^ゞ